日本でカジノギャンブルが合法化

「ギャンブル国家」として、成功するための様々な要素を適切に管理できる国は、それほど多くありません。カジノゲームで利益を出すことに失敗している国や地域もあります。

多くのアジア諸国では、お金を失うリスクがあることからギャンブルは特に好まれてきませんでした。日本では、ギャンブル分野の改革が常に検討されてきましたが、近年までカジノギャンブルを推進できる状況にはありませんでした。マカオとシンガポールは様々なカジノゲームを推進していますが、日本で合法なのは、パチンコ、宝くじ、レース競技等、国が管理しているゲームのみとなっています。カジノゲームが違法とされてきたことに関しては、長年に渡って議論が行われ、ギャンブル産業を経済に活かすためのより良いアイディアが探られてきました。 

cube-5214498_960_720

近年、日本はギャンブルに対する規制を緩和し、状況が変わりました。3つのカジノリゾートが、日本のギャンブル市場に誕生しようとしています。MGMリゾート・インターナショナルとラスベガス・サンド・コープが、日本におけるカジノ開発に注目しています。

報告書によると、全世界のカジノオペレーターによる合計援助額は約100億ドルにも上るとされています。この決定はここ数年の観光業の落ち込みを受けてのもので、ギャンブルによる全産業活性化への期待が窺えます。このニュースは誇りを持って発表されましたが、犯罪増加やギャンブル依存を引き起こすとの理由から、これに不満を抱いている有権者もいます。

カジノ合法化

海外からの多くの観光客は、観光地を巡りつつ、ギャンブルで運試しすることを目的に日本を訪れています。自国でギャンブル等を楽しむ選択肢が乏しい中国や他のアジア各国からの観光客です。

地域経済における展望では、カジノリゾートが活性化され、その影響が実感として現れるには時間がかかると見られています。3つのカジノリゾートにはショッピングモール、映画館、ホテル、レストランが併設されます。収益予測によると、カジノは毎年200億ドルの利益を生み出すとされています。

野党側は、政府によるこれまでの決定に対し、強い反対姿勢を打ち出しています。野党の一部からは、カジノで経済は成長しないという意見も出ています。世論調査では、カジノ法への支持率の低さが明らかになっています。 

gambling dice

日本でカジノは合法化されていますが、国内で人気の全てのゲームがこれらの施設に導入されるかどうかは不明です。スポーツベッティングやくじが導入される公算は大きいでしょう。

Leave a Comment